サブリミナル音声を使わない2つの理由


1.サブリミナル音声を使わなくても十分に効果が出ているから。

2.サブリミナル音声ではなく、自分の音声・アファメーションでトレーニングをおこなうことによって、「自分で自分を変える力」が身につくから。


順番にもう少し詳しくご説明します。

1.サブリミナル音声を使わなくても十分に効果が出ているから。

サブリミナル音声を使うのは、通常の音声によるアファメーションだと、メンタルブロックにかかって、潜在意識に届きにくいということで、それを回避するためです。

「プラス思考トレーニング」では、サブリミナル音声ではなく、通常の音声によるアファメーションをおこなっておりますが、確実に潜在意識に届いています。

それは、トレーニングの中に呼吸法を取り入れることで、心身をリラックスさせ、アファメーションの音声が、潜在意識に届きやすい状態にしているということもありますし、トレーニングの中で一番中心になる言葉が、「(目の前のことに意識を集中して)今を生きる」ということにつながる非常に強いプラスのイメージを持った言葉なのですが、この言葉がメンタルブロックを受けにくいということもあります。

いずれにしましても、トレーニングをおこなわれた方が、無意識の内にプラス思考をするようになっておられるということが、アファメーションの音声が、確実に潜在意識に届き、プラスのイメージがしっかりと蓄積されていることの何よりの証拠かと思います。


2.サブリミナル音声ではなく、自分の音声・アファメーションでトレーニングをおこなうことによって、「自分で自分を変える力」が身につくから。

自分の音声・アファメーションで自分を変えたことによって、「私は、自分で自分を変えられるんだ」という自信を持つことが出来ます。

この「自分で自分を変える力」というのは、本当に一生モノの財産です。

プラス思考になるという目標を達成したら、それで終わりということではありません。
大事なのは、そこからです。

プラス思考になって、ポジティブな考え方をするようになると、自分の人生に対してとても意欲的になり、いろいろと具体的な願望や目標が出て来るようになります。

その時に、「自分で自分を変える力」がものすごく力強い味方になります。

自分の音声・アファメーションで自分を変えられるということを実体験していますから、願望や目標を具体的な言葉やアファメーションにして、疑うことなくそれを言い続け、そこに向かって進んで行くことが出来ます。

そして、その願望や目標が実現したら、その先に、必ずまた新しい願望や目標が出てきます。

その度に、自分の願望や目標を具体的な言葉やアファメーションにして言い続け、そのイメージを自分の潜在意識の中にしっかり蓄積させて、確実にそこに向かって進んで行くことができます。(新しい願望や目標が出て来るたびに、それに合わせた新しいサブリミナル音声を入手する必要もありません。)


少し長くなりましたが、

1.サブリミナル音声を使わなくても、十分に効果が出ていること

2.自分の音声・アファメーションでトレーニングをおこなうことによって、「自分で自分を変える力」がつくから、サブリミナル音声に頼らなくても、自分の願望や目標を実現していけるということ

この2つが、サブリミナル音声を使用しない理由です。

それに、私自身がすごく悩んでいた時期に、サブリミナルの音声を聴き続けたことがあるのですが、全く効果を感じられなかったという経験があって、サブリミナル音声や音楽の効果自体に疑問を持っているということもあります。


元の場所に戻る



ホーム
 | 特定商取引法に基づく表示 | プライバシーポリシー


Copyright ©   岡野祐二 All Rights Reserved.